トピック概要: 性的暴力から女性難民を守るために

難民の数が増え続けていることは、多くの国にとって大きな問題となっています。COVID-19によって難民に課せられた物質的・心理的な障壁があっても、国連は自国からの脱出を余儀なくされた人々に、より良い支援とより多くの亡命を提供するために活動しています。

社会・人道・文化委員会(SOCHUM)は、総会の第3委員会であり、社会、人道問題、人権に関するさまざまな問題を議論しています。この委員会では、女性の地位向上、子どもの保護、難民の扱い、基本的自由の促進などのテーマも扱われます。

国連は「難民」という言葉を定義し、「難民の地位に関する条約」で難民を保護するための権利を概説した。さらに、国連は、難民がその生命や自由に対する重大な脅威に直面している場合には、自国への帰還を強制してはならないとする「非返還」を提唱した。国連が提示した議定書や条約は、難民の安全を守るための国際的な慣習の基礎となっている。世界的な認識とより良い保護の必要性が高まる中、難民のケアへの注意が求められています。

議長からの手紙

大使の皆様、この度は「2021年日本首都圏模擬国連大会」にご応募いただきありがとうございます。社会・人道・文化委員会のディレクターを務めさせていただきます、菜月と申します。私たちはすでに、皆さんが会議に持ち込んでくださる独創的なアイデアや解決策を聞くのが待ちきれないほどです。

私は生まれてからずっと日本で育ってきましたが、2年間アメリカのミシガン州に住んでいたことがあります。私は現在、洗足学園高校の1年生で、4年前にこの学校でMUNに出会いました。MUNの会議やミーティングを通して、世界を取り巻く問題への理解が深まりました。どの問題も互いに密接に関係しており、各国が協力して解決していかなければなりません。最初は大勢の人の前に立つことに不安を感じていましたが、参加回数を重ねるごとに、スピーチや人と話すことが容易になっていきました。何を話せばいいのかわからないという不安から、ステージに立つことを躊躇してしまう人も多いと思いますが、今回の会議では、ぜひ多くの方に自分の居心地のいい場所から飛び出して、新しいことにチャレンジしていただきたいと思います。

この委員会で議論するテーマは、「性的暴力から女性難民を守るためにできること」です。自分の身を守るために声を上げることができない弱い立場の子どもや女性に安全と安心を与えるために、私たちは難民に配慮し、彼女たちに不足している心と体のケアを目指さなければなりません。この会議で、皆さんが革新的な会話をすることに夢中になっている姿を見ることができれば、議長としては嬉しい限りです。
Sincerely,

Natsuki

議長

Social, Humanitarian and Cultural Committee

私は初心者委員会の議長の一人、ゆいなです。
私自身、MUNの経験があまりないので、アイデアを取り入れたり、その過程で大使から学んだりすることにワクワクしています。
みんなで最高のアイデアを出し合い、生産的で楽しい時間を過ごせることを願っています!
Sincerely,

Yuina
副議長
Social, Humanitarian and Cultural Committee

Hi! I am Anna and I will be the chair of this committee.
MUN has helped me so much in improving my English skills. I was planning to go study abroad, but it got canceled due to the pandemic and I was looking for a place where I could put myself in an environment where everything is done in English, and that was MUN.
You are able to gain reading skills, writing skills, listening skills, and not to mention speaking skills. If you are looking for a place to improve your English or even just to have fun then, MUN is the best place!
I hope every one of you will enjoy this conference! I am looking forward to seeing you all and hope you can have a wonderful experience 🙂
Sincerely,

Anna,
Co-Director
Social, Humanitarian and Cultural Committee