トピック概要: CRISPRのモニタリング

画期的な遺伝子編集ツールであるCRISPRは、遺伝病治療の可能性を広げるとともに、科学者たちに、より安全で精密な遺伝子編集ツールの開発に取り組むよう促しました。 

2012年にCRISPRが発表されて以来、この技術は好意的にも反感的にも注目されてきました。どんな科学的発見でもそうであるように、様々な憶測が飛び交い、ある種の事実が誇張されて語られました。 

本委員会では、主にCRISPRの様々な応用例と、その生命倫理的な意味合いについて議論します。また、遺伝子工学の進歩を一般の人々やメディアに伝えるための方法についても議論します。

議長からの手紙

大使の皆様、国際連合教育科学文化機関へようこそ! 
JMMUN 2022の議長を務めさせていただくことになりました、美里と申します。 
私は約5年間、洗足のMUNクラブに所属しており、昨年のJMMUNにも参加しました。また、学校外では、いくつかの学生が運営するボランティアグループにも参加しています。 
ユネスコ委員会の大使の方々にお会いできることをとても楽しみにしています。 
Sincerely,

Misato
議長
国際連合教育科学文化機関

I am very excited to chair for this conference this year!
The controversy over the ethics and usage of CRISPR and other gene editing technology is a diffucult question to answer, but I hope that all delegates can come up with a unique solution of their own!
Sincerely,

Mei
副議長
国際連合教育科学文化機関

Hello, my name is Risako Tomita, and I am thrilled to be chairing for the Advanced I committee!
Although the topic of CRISPR is complicated, I hope all delegates will be able to engage in the conference while also meeting and communicating with new people!
Sincerely,

Risako
副議長
国際連合教育科学文化機関

Hi, I’m Shiori Kurokawa and I am very excited to chair for the Advanced 1 committee!
Although it is my first time chairing, I have participated in various MUN conferences including GCI MUN and BERMUN, so I’m sure can assure you a fulfilling MUN experience.
Hope to see you soon!
Sincerely,

Shiori
副議長
国際連合教育科学文化機関